エレキギターの初心者が上達するための練習の方法や基礎知識を紹介しています。

覚えておきたいギターの保管方法

覚えておきたいギターの保管方法

初めて買った大切なギター

普段どのように保管していますか?

間違った方法でギターを保管しておくと、ギターが劣化していきます。


大事なギターを、ギターケースに入れた状態で保管している人が多いかと思われますが、

実はこれはギターにとって決していい環境であるとはいえません。


なぜなら、ギターは木で出来ているため、年間を通じて一定の湿度を保たなくてはならず、
過度な湿気も乾燥もギターをダメにする原因となりうるため、
ギターをケースに入れたままのギター保管方法は、良い保管方法とは言えないのです。


ではギター保管方法で、どのような点に注意していかなくてはならないでしょうか?

最低限注意したい点と正しいギター保管方法を簡単にまとめてみました。

エレキギターの正しい保管方法

ハードケースで保管するギター保管方法

ギターケースにただギターを保管しておくだけだと、
あっという間に湿気と乾燥にギターがやられてしまいます。

そこで、ギターをケースのなかで保管したい場合は、
ハードケースに「湿度調節剤」を入れておきましょう。


これは楽器店で売っているので簡単に入手できます。

これは湿度を一定に保ってくれるものなので、湿気が多ければ水分を吸収し、
乾燥していれば水分を出すことをしてくれる素晴らしいものなのです。


ちなみに、ギターを保管する際の湿度は一般的には
50%くらいの湿度で保管すると良いと言われています。

しばらく弾かないサブのギターなど、ケースに入れてギターを保管したい場合は
必ず湿度調節剤を入れて、数か月ごとに湿度調節剤を交換してください。

ギタースタンドを使って保管するギター保管方法

大事なギターはハードケースに入れて保管するのが安全だと思い、
なかなかギタースタンドやギターハンガーなどを使って保管するには
勇気がいるかもしれません。

ちょっとしたことで転倒や傷が付いてしまう恐れは多いものの、
実はギターにとってはこのギタースタンドやギターハンガーを使って
保管するギター保管方法が、一番良いとされています。


さらに言うと、ギタースタンドよりもギターハンガーでつるして保管すれば、
ギターで最もデリケートな部分であるネックへの負担を軽減することができるので、
ギターハンガーでつるして保管するギター保管方法
ギタースタンドに立てておくよりも良いとされています。


しかしながら、ギターハンガーを使うには壁に穴をあけるか、
ひっかけるために壁を細工する必要もあるので中々気軽に使えるものでもありませんよね。

ギタースタンドやギターハンガーは色々な種類があり、値段もピン切りですが、
「ラッカー塗装のギターでもOK」と表示のある
ギタースタンドやハンガーを選びましょう。


もしくは、ギタースタンドやギターハンガーを買う時には、500円くらいで売っている
「スタンドブラ」も同時に購入し、ギターを立てたりかけたりする前に、
ギタースタンドにスタンドブラをかぶせたからギターを置くようにしましょう。


ラッカー塗装OKとうたっていない、安価なギタースタンドに
直接ギターを置いてしまうと、ラッカー塗装のギターの場合、
ギタースタンドのゴムの部分が化学反応で溶けてギターに付着したり
塗装が変色することがありますので気をつけましょう。
(ポリ塗装のギターなら大丈夫ですよ。)


今日からでもできる超簡単、お手軽なギター保管方法をご紹介してみました。

一番良いのは、ギターを毎日手にして毎日弾くことなのかもしれませんね。

ギターを弾いた後の日々のギターのお手入れも忘れずに!



最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional