エレキギターの初心者が上達するための練習の方法や基礎知識を紹介しています。

ギタースケールとは?

ギタースケールとは?

スケールとは、1オクターブの範囲内で音の高さの順にならべた音階のことで、
構成音の数や並びかたによっていろいろな種類のものがあります。

ギタースケールには様々な種類がありますが、ギター初心者さんがまず覚えておきたい、
代表的な使用頻度の高いギタースケールである
メジャースケール、マイナースケール、ペンタトニックスケールの
3つのギタースケールついてみてみましょう。

メジャースケール

メジャースケールの規則は、全音-全音-半音-全音-全音-全-半音
と並べるスケールです。
ちなみにCメジャースケールはドレミファソラシドのことです。


ギターネック上で確認すると分かりやすいです。

5弦の3フレットから順番にドレミファソラシドを弾いてみてください。
(弾く弦は5弦だけです。)


ド→(全音)レ→(全音)ミ→(半音)ファ→(全音)ソ→(全音)ラ→(全音)シ→(半音)ドのように、

全音、全音、半音、全音、全音、全音、半音になっていることが分かるでしょう。

このギタースケールがメジャースケールです。

マイナースケール

マイナースケールは暗く悲しい雰囲気を持ったギタースケールです。

全音-半音-全音-全音-半音-全音-全音と並べます。

ペンタトニックスケール

ギター・ソロをつくるときやアドリヴ・フレーズを弾くときに
よく使われるギタースケールで、ロックギターの王道のスケールが、
このペンタトニックスケールです。


五音音階ともよばれ、オクターブが5つの音符からなる音階 。

長音階(メジャースケール)の第4音と第7音が抜けた形の音階なので、
メジャースケールが覚えられたらペンタトニックも分かりやすいですね。



最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional