エレキギターの初心者が上達するための練習の方法や基礎知識を紹介しています。

ギターの弦の種類を知っておこう!

ギターの弦の種類を知っておこう!

ギターは、エレキギターとアコースティックギターでは全く違うを使います。

またアコースティックギターのなかでも、フォークギターと
クラッシックギターでは材質の違うを使うので、
自分の引いているギターにより、適切なギターを買いましょう。

初心者向けギターの弦基礎知識

ギターは、基本的に1弦から6弦の6本
(7弦ギターや12弦ギターもありますが、初心者が6弦ギターより先に
これらのギターから入る人はいないので、初心者の段階では
7弦以上の多弦ギターの弦については知らなくてもよいでしょう。)
ありますが、それぞれ張られているギター弦の音階がちがいます。


1弦→E
2弦→B
3弦→G
4弦→D
5弦→A
6弦→E


となります。

ギターは6本、それぞれ違い、意味があるものなので
張るべき場所に正しく張らなくてはなりません。


まあ、初めてギターを買うときには多くの人は1弦から6弦まで
6本セットになっているを買うと思うので、これらの違いを
今すぐ頭にインプットすることもないのですが、適当に張ってOK
という訳ではないので注意しましょう。

エレキギター弦の素材

●ニッケル
磁力反応が良いく、最も一般的なギター弦の素材です。


●ステンレススチール
ニッケル同様、エレキギター、エレキベースに用いられる事が多く、
ニッケルよりも金属的な音がでます。

サビにくいのが特徴。


●コーティング、コーテッド
弦を薄い樹脂でコーティングしているもので、値段も高いのですが
非常に長持ちする弦です。

コーティングされているので、触った感じに違和感があり、
初心者には少し弾きづらいかもしれません。

ギターの弦の太さについて

ギターは、各メーカー、により様々な太さの組み合わせで売っています。

ギター弦の太さの違いは、細いはテンションが弱く、
太いはテンションが強くなり、音もヘヴィになります。


一般的なエレキギターのゲージ(ギター弦の太さ)は009~.042、.010~.046なので、
初心者さんはまずこのゲージのセットを使ってみましょう。

ギター初心者だと、あまり太いは使わない方がいでしょう。



最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional