エレキギターの初心者が上達するための練習の方法や基礎知識を紹介しています。

ギターの初歩の初歩はコレ!

ギターの初歩の初歩

Pick UP ⇒ ギター初心者におすすめの『エレキギター上達教材』はコチラ!




ギターをきちんと勉強しようと決意した初心者ギタリストのみなさん、
まずは基礎から固めていく必要があります。


基礎といっても教則本を買ってみたら、結構分厚い内容盛りだくさんで、

本の後半には「これも基礎なの?」と驚いてしまうような、ギターの初歩の初歩

には必要のない、基礎を越えた内容も含まれたりして、見ただけでやる気を失う

こともありますね。


一体どこまでがギターの初歩の初歩なのかを見極め、ギターの初歩の初歩

ガッチリ固めてマスターして行きましょう。


ギターの初歩の初歩練習方法

まず、どこがどの音なのかを覚えるために、6弦から1弦に向かって
ドレミファソラシドを弾いてみます。


これぞ、ギター初歩の初歩に必ず覚えるべきことです。


初めはゆっくり、メトロノームで104位のテンポで練習しましょう。

ドレミファソラシドの音階が頭に入って、スムーズに運指ができるようになったら、
ストローク(コードを弾く)の練習をしましょう。


とりあえず、ギター初歩の初歩で覚えるべきコードですが、

C Dm D7 E Em A Am D このあたりのコードは

押さえやすいので、ギター初歩の初歩のコード練習には最適でしょう。


各コードを4回ずつダウンピッキングだけでC~Dまで弾いて練習しましょう。」


ギターの基礎を固めてグングン上達

ギター初歩の初歩の段階でじっくり基礎をマスターしておけば
どんな曲でも弾くことができるようになれます。


逆にこのギター初歩の初歩のときに基礎をおろそかにして、自己流で曲を

弾こうとしたりギターソロを弾こうとしても、当然弾けやしませんし、

弾けたと思ってもそれはギターを弾けていることにはならないでしょう。


そんなことをしているといつまでたってもギターは上達しないどころか、

変な弾き癖がついてしまい、これをあとから治す事ほど難儀なものはありません。


楽器上達の道に近道はないのです。


早くギターをかっこよく弾けるようになりたい気持ち、よくわかります。


けれどギター初歩の初歩である今こそ、基礎を強化するための大事な時期です。


ギター初歩の初歩のこの時期に正しい基本を正確にマスターして

ギターのスキルを自分のものにしていってくださいね。


エレキギター上達のおすすめ教材はこちら!

おすすめ!


さあ、あなたも短期間でエレキギターが弾けるようになりませんか?

『最短距離でエレキギターを上達する方法』オフィシャルサイトはこちら



最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional